FC2ブログ

縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

押し付けの感動 ― 国民栄誉賞

女子サッカーが世界大会で優勝した、ただそれだけのことが、マスコミにもてはやされて、遂に国民栄誉賞なるものを受賞した。だが、これは選手個人にとっては栄誉かも知れないが、国民全体の栄誉だと勝手に決められ、マスコミもこれを祭り上げて報道していることに、腹立たしささえ感ずる。たまたま何か一つが世界大会で優勝したことを国民的快挙であるようにもてはやすのは、劣等根性を見るような気がする。自国の文化に自信があればそんなことはしないだろう。

マスコミはこぞって、「勇気を与えた」「夢を与えた」「感動を与えた」などと彼女らを礼賛している。これもマスコミが無理やり仕立て上げた物語で、情報操作、世論操作だ。運動競技に限らず様々な世界大会が常に開かれていて、日本人の優勝者はいくらでもいる。その人達は勇気も夢も感動も関係ないのだろうか。なぜ女子サッカーだけを取り立てて勇気だ夢だ感動だと騒ぎ立てるのだろうか。

ついでに筆を滑らせれば、ボールを蹴っ飛ばす商売の彼女らを「なでしこ」と呼ぶのはそぐわない。大和撫子は、しとやかでおくゆかしい日本女性をいうものだ。これは決して封建的、男尊女卑、男女差別から来ているのではない。男女の性格の違いは男性ホルモン、女性ホルモンによるものでもあって、生物の本来の姿でもある。動物の観察でも、内分泌撹乱物質(環境ホルモン)によってホルモンが乱されると、雌が雄のように攻撃的になったり、逆に雄が雌のようにやさしくなったりするそうだ。肉体的だけでなく性格の違いが伴って初めて、男女が協力してよい社会を造ることができるのだ。女が男とまったく同じことをするのが平等というわけではない。

歴代の受賞者も、皆人気商売の人達である。人気商売は趣味の分野で、熱狂的なファンもいる一方、全く興味を持たない人もいるし、毛嫌いする人だっている。芸術のように歴史に残るものではなく、精神文化を特に高めるものでもない。その中で特定の人気者が重視されるのは、中央集権的なマスコミの商業主義が作り上げただけに過ぎない。もしテレビがなかったら、或いは現在のような中央集権的なマスコミでなかったら、全国的な有名人になることもなかった。

高校野球も似たようなものだ。高校生のスポーツは野球だけではない。どのスポーツも文化クラブもする者にとっては同じなのに、野球だけがことさら取り上げられるのは、マスコミが営業に利用したからだ。読者を引き付けるためにこと細かに記事を書くと、読者もそれに乗せられる。高校野球の季節になると、朝日新聞は、何ページもの紙面を割いて、遠くの地方大会の一つ一つまで書く。そんなことはどうでもよい事なのに、紙とエネルギーを浪費して記事を押し売りしている。

人気商売ですでに名声もカネも得た人達に、その上に政府が賞を与える必要は全くない。政府が気まぐれに国民栄誉賞などを持ち出すのは、国民の関心を集めて人気を取るため以外のなにものでもない。イチローは現役中だからと国民栄誉賞を辞退したそうだ。イチローも特定の人気商売で才能を発揮しただけに過ぎないが、それでも、この種の持ち上げを好まないように見える。彼こそ本当の英雄の心を持っているように思える。
2011年8月19日


  1. 2011/08/19(金) 10:41:42|
  2. 政治・社会・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<景気回復はいいことなのか | ホーム | 放射能の除染はできない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/73-c84cd625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。