FC2ブログ

縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まずは脱原発ありきでよい

菅首相が、将来は原発がなくてもやってゆける社会を目指すべきだと、原発依存から脱することを表明した。菅おろしが盛んだが、他の誰が首相になってもここまでは言わないのではないかと思うと、大変よい事である。

しかし、これに対する批判も多い。原発推進の立場からの批判の他に、脱原発そのものには賛成と言いながらの批判、あるいは、立場をはっきりさせないで行っている批判もある:
・表明が突然、独断的;
・その場限りで信用できない;
・脱原発への具体的な工程表がない;
等々。

脱原発そのものには賛成だが、という前置きで行っている批判も、脱原発に賛成というのは、世論がその方向に傾きつつあるからやむを得ずそう言っているだけで、本音は脱原発に反対ではないかと思われるフシもある。今までずっと反原発論を封鎖し続けて来たからだ。
あるいは、菅首相を首相の座から降ろすことだけが目的の批判もある。

脱原発は理由が何であれ絶対に必要なことである。原子力を使うことが、現在および将来の人間とあらゆる生物に対して、その生存権さえ揺るがす甚大な被害を与え続けることを思えば、絶対に手を付けてはいけないことである。

しがたって、まず脱原発ありきでよい。たとえ具体的な工程が今すぐ描けなくても、脱原発を表明すること、それだけで非常に大きな進歩である。脱原発という正しい方向に舵を切り換えるなら首相の唐突、独断結構である。民主党にも原発推進派が少なくないだろうから、根回しなどしていたらいつまでも脱原発に向かないかも知れない。つまらぬ批判は脱原発の機運に水をさすだけだ。

当面の問題としては、すべての原発を停めても現在の火力発電能力で十分という説がある。たとえ十分でなくても、大幅に不足することはなく、節電で十分しのげるはずだ。脱原発の表明はドイツの首相より遅れたが、実現化は日本の方が早く出来そうである。「こうあるべきだと思ったことを実行に移す」点でいつも欧州に遅れていた日本が、今度は「さすがに日本だ」と世界中から言われるかも知れない。
2011年7月14日


  1. 2011/07/14(木) 13:26:18|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<放射線の怖さ | ホーム | 放射能は怖いという感覚は正しい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/60-837f913d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。