FC2ブログ

縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原発は無責任の代名詞

大震災で生じた大量の放射能の汚染がれきについて、環境省は福島県外への持ち出しを認めず、県内で処理し、最終処分は福島第一原発の周辺に置く方針のようだ。しかし、福島県の佐藤雄平知事はこの要請を拒否した。その言い分は、“原発事故の長期化で放射能に対する県民の不安や風評被害が収まらない中、放射能を帯びたごみや焼却灰まで県内に埋設すれば、不安は更に増大しかねないため”とのことである(朝日新聞6月24日朝刊)。

環境省の方針はまったく正当である。福島原発付近以外に処分場はない。一体、佐藤知事は何を考えているのだろうか。自ら原発推進の立場に立ち、東電や国からの莫大な交付金で潤って来たにもかかわらず、まるで福島県だけが原発事故の被害者であり、自分は被害者の代表であるかのような態度を取っている。甚大な被害を直接受けた県民に対する謝罪や反省の言葉は一言もないばかりか、他県の住民に与えた被害や迷惑に対しても申し訳ないという気持ちは全く持ち合わせていないようだ。

その上、自分たちの責任で生じた放射能汚染がれきまで、他県に押し付けるとは、この厚顔無恥さにあきれるよりほかはない。押し付けられた他県で処分に困っても、いい加減な処理をしても、住民が不安を抱いても、そんなことは知りません、自分のところかたらゴミが消えさえすればそれでいのです、と言わんばかりである。

福島県の原発避難者のうち、26%はいまだに原発の利用に賛成しているという(朝日新聞24日)。他の原発立地地域でも、多数の住民が相変わらず原発の継続を望んでいる。

福島原発事故の被害者は福島県民だけではない。農業漁業の被害は遠く静岡まで及び、健康被害は今後どこまで広がるかわからない。今まで原発立地で喜んで来た福島の人達は、被害者であるだけでなく、加害者でもある。自分達は、いくら安全神話に騙されたとは言え、多額の原発交付金や雇用機会という代償を得て来たのだから、被害を甘んじて受けるしかない。しかし、そのために、もともと原発誘致に反対し、特別の恩恵も受けていなかった同じ県民や他県の人達が受けた多大な被害、更には、子孫代々が受け続ける損害をどう思っているのだろうか。世論調査をするなら、こんな質問もして欲しいものだ。

福井県の原発再稼働に対して、京都の山田啓二府知事は、福井県と同様な安全協定を京都府とも結ぶように、関西電力に申し入れた。これも当然の申し入れである。福井原発で事故が起これば京都にも甚大な被害が及ぶ。その京都が原発再稼働に対して何の発言権も持たないのはおかしい。京都だけでなく、少なくとも原発から300km圏内にある県はみな同じである。もし関西電力が京都の意向を無視し、福井県との協議だけで再稼働するとしたら、事故が起これば福井県は京都に対する加害者になる。原発を認める現地の人達は、他県に対しては加害者になり得ることを、どれだけ自覚しているのだろうか。

原発にまつわる様々な人間模様を見ていると、原発とは無責任の代名詞であることがよくわかる。原発反対を訴え続けてきた小出裕章さんさえ、力が及ばなかったと反省し、悔やんでいるにもかかわらず、これまで原発を推進して来た電力会社、政府、原子力委員会、学者達の、今回の事故に対する反省や責任感のある言葉は何一つない。あるのは、あたかも他人事、天災であるかのような無責任な言葉だけである。

もともと原発は事故が起ればあまりにも被害が大きくなり、また、将来何百年、何千年にもわたって子孫代々に残す負の遺産があまりにも大きいため、これらすべてを無視し、あらゆる責任を放棄することによって初めて実用化に至ったものである。原子力村が邪悪の巣になるのは、原発の本質から来る当然の結果である。外国でも、日本ほどではなくても、同じようなものだろう。人間の良さを取り戻すためには、まず原発ときっぱり手を切る姿勢を示すことだ。
2011年6月24日


  1. 2011/06/24(金) 11:38:04|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オリンピックやカジノで震災復興? | ホーム | 原発の代替は必要ない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/50-817367af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。