FC2ブログ

縮小の時代

正しいエネルギー政策は持続可能な供給力以下に需要を減らすこと

浜岡原発の停止に対して、電力不足になると困るなど、停止に否定的な論もテレビや新聞に多く見られる。

京大原子炉研究所の小出助教は、実際には原発がなくても現在の電力需要に応えられると述べている。これは東電の圏内だけかもしれないが、中部電力圏内でもさして困ることはないだろう。関西電力や中国電力から貰うこともできる。

原発の代りに太陽光発電や風力発電のような再生可能な自然エネルギーを推進すればよい、という意見も多いが、これも問題であることは別の記事(5月10日)に書いた。

そもそも、エネルギーを大量に使うことは、人間が必要以上に自然に手を加え、自然物を加工することだから、必ず他の資源の浪費を伴い、環境汚染のもとになる。エネルギーの大量消費は、原発のような危険な技術を呼ぶだけでなく、化石燃料の枯渇を早めもする。

経済成長一辺倒でエネルギーの需要を掻き立てておいて、需要に応える供給力の増加に努めるといった従来のエネルギー政策は早番破局を迎える。

最も本質的な対応は、持続可能なエネルギーの供給能力以下にエネルギー需要を抑えることである。持続安定の社会にはそれ以外に道はない。

開発すべき技術は、増大する需要に応えるエネルギー技術ではなく、限られた供給量の中でエネルギーを有効に使う技術である。この方が技術開発の余地が大きい。

エネルギー効率向上の技術は、リバウンド効果によって、エネルギー総消費量を却って増加させてしまうのが歴史の示すところだから、効率向上の前に総供給量の規制が必要である。逆に、総供給量さえ制限して厳しく実施すれば、効率向上技術は自然に発展する。

技術開発を待つまでもなく、もっと少ないエネルギー消費でも困ることはないと考えている人も少なくない。「足るを知る」生活の方が、浪費生活より充実感が得られるのである。

奢者富而不足、何如倹者如有余 (奢る者は富みてしかも足らず、何ぞ倹なる者の貧しくしてしかも余りあるに如かん) 菜根譚前集55より。

何よりもまず、エネルギー消費の総量規制を早急に実施すべきである。
(2011年5月10日)

  1. 2011/05/10(火) 16:36:32|
  2. エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<放射線量のデータは信頼できるか | ホーム | 「自然エネルギー」という欺瞞語>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/11/01(土) 20:48:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: ブログをツイッターで紹介しました

> はじめまして。再生可能エネルギーの言葉に欺瞞を感じて検索したら、石田さんのブログにたどり着きました。わかりやすい説明で腑に落ちました。ありがとうございます。とてもいいことを書かれているのを人に教えたくなって、事後報告になってしまいましたが、ツイッターで紹介していまいました。原発推進と再エネ移行は同じ穴のムジナと気付くきっかけになる文章だとの思いをツイッターで紹介したかったのです。不都合でしたら削除します。よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。再生可能エネルギーについては、この記事以外にも本ブログで度々書いていますので、どうぞご利用ください。
石田
  1. 2014/11/03(月) 20:17:12 |
  2. URL |
  3. 石田靖彦 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/5-f3f08fc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR