FC2ブログ

縮小の時代

自動運転車のパラドックス

自動運転車の公道での実証実験が行われている。速度は10〜20kmh以下。センサーで不意の事態に対応して安全を保つためには、とりあえずこれ以上の速度では危険だと思われるからだろう。

しかし、もともと、なぜ自動運転車が期待されるようになったのか。それは、安全性を高めるためだ。発端は、普通の手動運転者でも、何か障害物に衝突しそうになったら自動的にブレーキがかかって停車させることから始まった。その後、自動運転車の開発が盛んになるにつれて、人手不足対応の荷物運びやタクシーへの応用が大きく取り上げられるようになった。しかし、原点はあくまで安全性の向上にある。

手動運転より安全である筈の自動運転車の最高速度が手動運転車の制限速度よりかなり低い20kmh以下ということは、大きなパラドックスである。これは、現在の手動運転車の制限速度が著しく危険なほど高いということを意味しており、自動運転の実験を20kmh以下に設定した開発者も、それを支援している国交相も、潜在的にそういう認識があることを示している。潜在的とは言え、そういう認識があることは、現在の公道での制限速度は非常に危険な高さに設定されていることで、これもまたパラドックスと言える。

自動運転車の最高速度を、今後の技術開発でもっと上げられる、少なくとも現在の車の一般的な巡航速度程度まで上げられると開発者は思っているかも知れない。開発を続けることまでダメだとは言わないが、実用車としての実現はおそらく不可能だろう。センサーは人間の感覚より鋭い点も多いが、人間に及ばない点も多い。人間の感覚は、ある点ではセンサーほど感度が高くなくても、全てを総合して捉える能力がある。センサーではまだ危険と判断しなくても、人間なら危険を予測できる場合もあろう。とっさの事態への対応も、自動運転ではできないが、人間ならできる。自動運転を人間に近づけようと思えば思うほど、システムは複雑になり、故障やエラーも起りやすい。それに、運転手がいない大きな自動車が高速で走ってきたら、人間は恐ろしくて同じ道を歩けなくなる。

現在は、交通事故の責任をメーカーが問われることはない。誰でも犯す簡単なミスや不注意から命にかかわる重大事故を起こすような製品は、自動車以外だったらメーカーが責任を問われる。だが、自動車だけは例外で、交通事故の責任はすべて使用する側とされる。しかし、自動運転車ではそうはゆかない。適正速度を設定するのはメーカーだから、自己の責任もメーカーが取らなければならない。そうすると、メーカーは、できるだけ安全側をとって、自動運転の速度を低く設定するだろう。

自動運転車が実用化されれば、公道は普通の自動車と混在する。遅い自動運転車の後ろについた普通の車の運転手はイライラして追い越したくなるだろう。中には無理に追い越そうとするする者も必ず現れる。自動運転車の数が増えると、そんな場面が至る所に生じ、道路は現在よりはるかに危険になる。これでは、自動運転の意味がない。

自動運転を普及させたい側は、そういった危険を避けるため、従来車の制限速度を自動運転車なみに下げざるを得ない。だが、もしそれが理にかなっているのなら、自動運転車のない現在でも、制限速度を下げることが更に理にかなっている。前述したように、もともと現在の制限速度は高すぎる。歩行者や自転車と共用する道路や生活道路では、自動運転車と同じように「瞬間に止まれる速度」つまり高くても15kmh以下程度まで抑えるべきではないかと思う。「気をつけよ、クルマは急には止まれない」は、人間より自動車優先のもってのほかの標語だ。現在の高い制限速度は、歩行者や自転車の安全・安心より自動車を優先させる、言い換えれば高価な商品である自動車に乗った人間の便利を優先させる方策なのである。

自動車の制限速度をそこまで下げれば、もっと小型化、簡素化した自動車でよく、自動運転車より安全で、省人化目的以外には自動運転車は要らない。資源や環境の負担軽減にも良い。

自動運転車が公道を走り始めると、必ず手動運転車との混在の問題が大きくなるだろう。速度を落として自動車の流れを悪くしたくない立場からは、自動運転車に反対する声も上がるだろう。公道で混乱が生じ、結局は自動運転車の導入を諦めることになるかも知れない。■
2018年1月9日
  1. 2018/01/09(火) 14:04:59|
  2. 科学と技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<正義、良心、真の民主主義 | ホーム | 自動運転電気自動車の矛盾>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/197-2fe52863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR