FC2ブログ

縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被曝県民を恰好な研究材料にする福島県と放影研協

福島県は、立入り禁止になっている警戒区域のほか、計画的避難区域、緊急時避難準備区域に入っている12市町村の住民約15万人を対象に、今後30年以上にわたって健康調査を行う方針を決めた(読売新聞)。 記事はここ
(http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110522-OYT1T00792.htm)

既に避難した警戒区域も、大部分の住民がこれから避難するであろう計画的避難区域も、現在の政府や県の様子を見ると、いずれは十分安全になったとは言えないうちに解除されて住民が再び戻ってくる可能性がある。

緊急避難区域とは、原発事故がいまだ進行中で、今後まだ緊急事態が発生する可能性があることから、もし緊急事態になったら屋内退避や避難ができるように、常に準備をしておくようにと注意を促す区域である。政府は現在でも自主避難を勧めているが、留まるのは自由だから責任は自分で取れということだ。

この調査は、放射線影響研究所、広島市、長崎市、福島県立医大などからなる放射線影響研究機関協議会の計画によるもので、福島県立医大災害対策本部会議にも参加している長崎大学山下俊一教授らの意向が強く働いていると思われる。

低線量の放射線影響は被曝量に比例した確率的であると世界的に認められており、平常時は年間1mSv以下が目安とされているにも関わらず、山下教授は年間100mSvでも健康に全く影響がないと主張しており、原発推進のため放射線の影響をなるべく小さく評価したい佐藤雄平福島県知事から県の顧問に任命されて、一緒になって県民に「安全だ、心配ない」を振りまいている。

山下教授は福島県立医大の入学式の祝辞で「放射線の健康影響は一般的に正しく理解されていないのが現状で、正しい知識を身につけてほしい」「この大学で学ぶ君たちは、放射線について世界一の学識を身につけ、医療の現場で実践してほしい」と述べたそうだ。
http://blog.livedoor.jp/newsslash/archives/3166848.html
(このライブドアの記事が引用した元のNHKのWEB記事は既に削除されている)

この祝辞で山下教授は、低線量でも安全ではないという現在の一般的見解を正しくないと断じ、福島県立医科大学を放射線医学で世界一にする望みを表明している。100mSv程度までの放射線被曝なら健康に影響ないことが立証できれば、現在の確率説を覆し、山下教授は世界の学会に大きな一石を投じることができる。彼にとって福島県民はそのための格好の研究材料である。

今回の健康調査計画は、自らの野望のために被爆者をモルモットにすることに他ならない。しかも、山下説が立証される可能性はほとんど皆無であり、県民は無益な犠牲になるだけだ。

緊急避難地区となった南相馬市では自主避難と共に子供、妊婦、要介護者、入院患者などがこの区域に入らないよう協力を呼びかけているが、福島県のHPには、県としての対応も、緊急避難地区への指示も何も見られない。

放射線の健康影響を軽視する立場に偏り過ぎていることを危惧した福島大学の教員有志がつくる「福島大学原発災害支援フォーラム(FGF)」は、「提言」の中で、“我々は誰しもサンプルにされない権利を有しているはずです”と述べている。
http://fukugenken.e-contents.biz/index

現在の県政の最大の任務は、県民を予想されるあらゆる危険から守るために、現在でも危険があることを徹底周知させ、避難に強力な便宜をはかり、現在の汚染を少しでも減らし、留まる県民には自衛の方法を指導することである。しかし現実の県政は、そんなことをするより、県民をモルモットにして疫学調査することの方が大切と思っているらしい。
2011年5月23日

  1. 2011/05/23(月) 14:47:52|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恥ずかしい日本の国政 | ホーム | 自然電気って何? ― 再生可能エネルギーの本当の意味>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/18-1171f715
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。