FC2ブログ

縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

集団的自衛権の閣議決定:歴史に残る悪政

集団的自衛権がとうとう閣議決定された。完全な憲法違反である。自衛隊という武力を持つこと自体、第九条に反することは明確だが、今までは「武力を行使するのが目的ではなく、武力攻撃の抑止力として、つまり日本に対する他国の武力行使そのものを回避することが目的」という屁理屈によって、かろうじて憲法違反ではないというごまかしを通して来た。しかし、他国に武力を派遣することは、武力を行使することだから、もはや完全に憲法違反であることはごまかしようがない。

********憲法第九条********
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
(2)前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持し ない。国の交戦権は、これを認めない。
***************************

仮に今までの屁理屈を延長して集団的自衛権が第九条に反しないというごまかしてを押し通しても、憲法の前文に反しないとごまかすことはできない。前文には次のような一文がある:

********日本国憲法 前文より********
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。
**********************************

同盟国といえども、他国にまで出かけて武力を行使することは、誰が見ても「崇高な理想」のための行為ではなく、「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成する」という誓いを完全に踏みじみる。
武力の行使は、諸国民の公正と信義を信頼することではない。
同盟国という理由である一国に武力を派遣することが、世界中の国々から「国際社会において名誉ある」行為と見なされることは絶対にない。
いかなる理由でも、武力行使は自国のことのみに専念して他国を無視することであり、普遍的な政治道徳に反する。

今までの安倍内閣の一連の政策はすべて、
憲法の理想と誓いを完全に捨て、
武力とそれを使う機会の拡大にいそしみ、
自然環境をますます害し、
庶民の負担をますます増やし、
恵まれた人、金持ち、大企業の利益に奉仕するだけのために権力を行使する、
ものである。

安部内閣は良く言って利益集団、悪く言えばやくざ集団である。「人民のための政治」「人類の目指す理想に少しでも近づく政治」という、本来の政治家が持つべき理念の一かけらも見られない。ここしばらく続いた無能な内閣の方がまだ良かった。良い事はできなくても特別悪いことも大してできなかったからである。安倍内閣になって、何もかも力づくで押し通すようになった。それも悪政ばかりである。権力を持った利益集団ほど庶民にとって怖いものはない。安倍を上質な為政者と見なす外国人は一人もいないだろう。戦後の歴史上でも最悪の政府に部類に属する。

世論調査では、集団的自衛権や原発再稼働に反対する人が過半数を占めている。それにもかかわらず、こんな安倍内閣と自民党がなぜ選挙で勝つのだろうか。安倍自民党に投票した人は、平和も正義も自分には関係のない、どうでもよいことだと思っているのだろうか、それとも、平和や平等よりも経済成長の方が遥かに緊急な課題だと思っているからだろうか。アベノミクスによって経済成長が回復できると本当に思っているのだろうか。これが無知や堕落でなくて何だろうか。

人々をここまでダメにしたのは、現在の社会の基礎になっている「各人が自己の利益のみを考えて行動すれば良い」という功利主義である。これが個人的利益のための競争を激化させ、人々を利己主義に走らせ、人々から余裕を奪い、少数の勝者と大多数の敗者を生み出し、大多数の敗者から将来への希望や望みを奪っている。

個人は個人で、激しい競争にさらされ、過酷な労働に疲れ切り、自分のことで精いっぱいになり、他人のことなど構っておられず、明日への希望も持てず、正義とか平和など考えるのは面倒臭いと思い、それよりサッカー、野球、オリンピック、AKB、グルメなど、その場限りの気晴らしにしか興味を持たないようになった。人々の意識から「理性」というものが消えた。マスコミもインターネットも専らその堕落に加担する情報に偏っている。その方が金儲けになるからである。

日本人の大部分が現在の日本に満足しているとは到底思えない。大多数は、様々な不条理を感じ、もっと良い社会であって欲しいと願っているのではないだろうか。社会を少しでも良い方に変えたいと思うなら、その第一歩は、社会を悪くしている原因を考えることである。そうすれば、それを取り除くにはどうしたら良いか、少なくとも一つの方法は必ず容易に見つかる筈である。それは、その悪い原因を推進する立候補者に投票しないことである。ところが、それさえできないほど、今の日本人はダメになっている。安部自民党にとっては、そんなダメ日本人が一番好ましいのである。

いったん憲法違反が許される内閣になったら、後は泥沼である。政府はいくらでも好き勝手ができる。こうして日本はますます落ちて行く。再び落ちるところまで落ちないと目覚めないのだろうか。
2014年7月2日

  1. 2014/07/02(水) 13:20:22|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<縮小社会とは何か ー その2:縮小社会はどんな社会か | ホーム | 縮小社会とは何か その1 最小限の必要条件>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/168-0f0a9954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。