FC2ブログ

縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STAP細胞問題の論点は何か

小保方さんだけに不正があったという先週の理研の調査報告に対し、昨日、小保方さんが記者会見し、論文にミスがあったのは認めるが、STAP細胞が得られたのは事実だから不正はないと主張した。その主な理由は:
・自分は200回もその実験に成功した。
・自分はSTAP細胞の写真は何百枚も持っている。
・第三者にも実験に成功した人がいる。
・理研には自分が造りだしたSTAP細胞が保存されている。

しかし、奇妙なことに、実験に成功したという第三者の名前は明かさず、写真の公開もせず、理研に保存してあるというSTAP細胞を調査のために提出する、とも言わなかった。これでは小保方さんの正しさを証明したことにならず、ますます疑いを深めるだけで、何のための記者会見なのか、全く意味がない。

STAPとは Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cell (組織細胞に刺激を与えることによって造られた多能性細胞)の意味である。多能性細胞自身は自然にいくらでもあり、IPS細胞も組織細胞から人工的に造られた幹細胞である。したがって、今回の問題の核心は、「小保方チームの方法(酸性溶液で刺激を与える)でSTA細胞が作れるか」である。今までいかなる方法でもSTAP細胞を作製できなかったから、小保方法で作れることを証明すれば、それがSTAP細胞の存在を証明することになるが、今回の問題はあくまでも小保方法が焦点だから、別の方法でSTAP細胞の存在を実証することを議論しても、全く意味がない。

したがって、小保方さんの主張すべきは、STAP細胞の存在それ自体ではなく、「小保方法の再現性」である。再現性を実証することによって初めて新たな科学知識になるのであって、ただ存在を信じたり主張したりするだけでは科学ではない。小保方法の正しさを証明するためには、
・自分が成功した実験の写真を、確かに小保方法で得られたものという証拠と共に示す;
・実験方法を第三者が再現できるように詳しく開示する;
・自分自身が第三者の眼前で再現実験をして見せる。
必要がある。

実験にはコツがあると小保方さんは述べていた。自分しかできないコツでも、自分自身で何回も再現実験して見せれば、STAP細胞の存在の証明になる。魔法でない限り、他の人もいずれはそのコツを身に着けて再現できるからである。もし、小保方さん以外の人にはいくら努力しても習得できないコツならば、どこかに必ずトリックがあり、その方法は科学的方法と認めることができず、従ってSTAP細胞の存在の証明にはならない。

科学とは知識を共有するだということが、小保方さんにはわかっていないように思える。

最後に、週刊誌的な憶測を一つ。
その道では世界的に名を知られているらしい共著者には不正はなく、不正は小保方さん一人である、という理研の結論だが、ほんとうにそうだろうか。この論文がもし正しければ、ノーベル賞級と騒がれている。そんなにすごい論文なら、研究者として格上の共著者達はもっと真剣になっていた筈である。特に、共著者の一人は山中教授と争い、追い越されてしまったそうだ。そんな熟練した研究者達なら、駆け出し研究者の小保方さんだけに任せず、もっと自ら研究の中心部に関与し、論文も自分が主著者になろうとし、さもなければ論文を隅から隅まで入念にチェックしたのではないかと思う。そうでなければ、ノーベル賞は小保方さん一人に持っていかれ、自分は共同受賞者に選ばれないかもしれない。ただ共著者として名を連ねるだけでずさんな論文をろくにチェックもしなかったのは、小保方さんの研究にもともとそれほど信頼性をおいておらず、ノーベル賞にはとても値しないと考え、あるいは不正や改竄に手を貸したか、あるいは不正や改竄を知りつつも見逃していたのではないだろうか。
2014年4月10日

  1. 2014/04/10(木) 13:14:38|
  2. 科学と技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<縮小社会とは何か その1 最小限の必要条件 | ホーム | STAP細胞問題の共著者と理研の責任について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/166-499d2f47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。