FC2ブログ

縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

縮小社会は夢がない?

縮小社会と聞くと、即座に夢がない話だと漏らす人が少なくない。「夢」とは本来現実離れしたはかなきことを指すから、夢など持たなくてもよいのだが、(自分にも実現可能な望みという意味なら、夢ではなく大志あるいは理想という言葉が正しい)、それはさておき、彼等にとって夢の持てる社会とはどんな社会だろう。「縮小=夢がない」という彼らの公式からすると、夢のある社会であるためには「豊富な物量」が条件、つまり、努力や才能次第で物はいくらでも欲しいだけ手に入れられる社会でなければならない、ということになる。誰でも、いつでも欲しいだけ手に入るということは、実質的には「無限の物量」を要求していることと同じである。まさに、現実離れした虚構という意味の「夢」である。限られた物量の中で欲しいだけ手に入れようとしたら、激しい奪い合いになるから、誰もが望みを実現できる理想の社会ではないだろう。

 

無限の物量こそが人間の夢だという考えは「アメリカの夢」と同じである。開拓時代のアメリカは広大な大陸、無限に広がる未開の西部があって、個人の力さえあれば何でも手に入った。既に開拓し尽くされて行き詰まった欧州から新天地を求めて渡ってきた開拓民達にとっては、アメリカ大陸はまさにどんな夢も叶いそうな世界だったろう。しかし、そのアメリカも、豊富だった資源のとんでもない浪費に依存する社会を造ってしまったため、既に大陸の隅々まで開拓し尽くされ、初期の移民達が後にした当時の欧州と同じように、現在は椅子取り社会に陥っている。今では必要な資源の多くを外国からの輸入で補っているが、これも長く続かないことは明らかである。椅子取り社会は、誰かが豊かになれば必ず他の誰かが貧しくなる昔の無政府社会と同じで、決して誰にも夢が持てるような社会ではない。今なお「アメリカの夢」に浸っているアメリカの未来が待つのは没落のみである。

 

無限の物量がなければ夢が持てないということは、人間としての最大の価値を「豊富な財物の所有」に置いているということである。「縮小社会は夢がない」という言葉は「俺には縮小社会では叶えられない素晴らしい夢がある」という意味であり、暗にほのめかしているのは「俺はお前らと違って夢のある大きな人間だ」ということだが、結局は、その夢とは、人一倍多くの物を手に入れる、ただそれだけの浅ましい欲望に過ぎない。大きな人間どころか、自分は欲の突っ張った俗物であり、他人を顧みない無情な人間であり、無から有は生じないという自然科学の基本法則すら知らない愚か者であると告白しているようなものだ。

 

これからの社会で「努力次第で実現できそうな大きな理想」あるいは「大きな希望」を持つためには、まず物への執着を捨てることである。貧しさから脱け出したいと思う気持ちが、確かに一定の活力の源であることは否定できない。昔の貧しい人達にとっては特にそうだった。しかし、全体として物量の少なかった昔は、貧困とは生きるための最小限度の衣食住にも事欠く苦しみを意味していた。貧困のため家族の誰かが犠牲になる悲劇もあっただろう。そんな特に貧しい人達にとっては、貧困から脱することが、歯を食いしばって努力する最も大きな動機であったのは当然といえる。しかし、当時でも、まずまず人並みの生活ができれば、それ以上の物欲のために心身を傾けて努力しようとする人が多かったとは思えない。昔は「必要な物needs」と「欲しい物wants」とは今よりはっきりと区別され、アダムスミス、マルクス、ケインズといった一流の経済学者も、人は必要が満たされればそれ以上はあまり望まないだろうと考えていたようである。

 

「粋」を重んずる江戸っ子も、必要以上の物にはほとんど目もくれなかっただろう。日銭を残さずその日のうちに使ってしまうのも、物量に執着しないという彼らの美学であった。物量に執着しないことは、より広い世界に入ることである。物量には限度があっても、精神の世界には限度がなく、いくらでも広く、深くすることができる。はかない夢でなく、実現可能な大きな理想や志を持つ余地がいくらでもある。

 

美術、文学、工芸、音楽、芸能、哲学、学問、人との交流、共同体の慣習などといった「文化」の中で、豊富な物量や高度な現代技術がなければ得られないものがどれだけあるだろうか。ほとんどないと言えないだろうか。これらの文化は物量に関係なく、いくらでも豊富にすることが可能ではないだろうか。むしろ、無限の物量を追わなかったからこそ築き上げることができたのではないだろうか。現在は逆に、無限の物量を追うことが目的のすべてになったため、後世に残す価値のある文化が生まれなくなったような気がする。

20131015

 

 

  1. 2013/10/15(火) 13:12:44|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<原発輸出で責任はとれるのか | ホーム | 秘密保護法より秘密禁止法が必要>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/155-73ef9876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。