縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平和ボケでいられる幸せ

安倍政権は早速防衛費の増額を打ち出した。防衛費の増額は11年ぶりで、2012年度の4兆6453億円から約2.6%、約1200億円の増額を自民党国防部会が決めたそうだ。

防衛費は典型的な消費であり、消費の増加という経済成長策の一翼にはなるだろうが、単に消費増加のためなら、もっと庶民の生活に結びついたよい方法が他にいくらでもある。防衛費の増加は、やはり、日の丸軍事力の増強という安倍政権の右翼的体質の現れだろう。

憲法変更、軍事力増強の声は戦後68年を通じて常にあった。だが、世界が軍事的な緊張の下にあった東西冷戦の時代より、現在の方が却ってその機運が高まっている。これには最近の領土問題、特に軍事力をちらつかせながら強硬な態度に出ている中国の影響が大きいように思える。民社党の体たらくも、掛け声だけが勇ましい右翼的な人達に国民の目を向けさせる役目をした。

しかし、何よりも大きいのは、延々と続いている軍事力志向の世論形成である。尖閣諸島や領土問題を巡る中国の軍事的な動きや、北朝鮮の軍国主義的状況がことさら強調して報道され、国民の危機感を煽っている。そして、何かにつけて強調されるのが「危機意識」である。災害や事故の危険に対する危機意識なら悪くないが、戦争の危機意識を指すことも多い。日本人は危機意識が足りない、日本人は「平和ボケ」している、というのである。「軍事力増強」と直接言われると躊躇する人々も、危機意識が足りない、平和ボケしている、と言われると、何か、それではいけないという気持ちにさせられる。そうして、徐々に武力主義に改造されていくのである。

だが、平和ボケはいけないことだろうか。むしろ、その逆である。平和ボケでいられることは人間の幸福にとって最も大切だ。常に戦争の危険と軍備の緊張下にある社会では、仮に戦闘は休止中でも、とても幸福感など味わえない。平和ボケはダメだと言って軍事増強を煽るよりは、どうしたら平和ボケが続けられるのか、戦争の原因を取り除くためにはどうするかを論じる方が遥かに肝心で、政治家としても立派だが、日の丸や再軍備を勇ましく語る人に限って、そのような視点は皆無である。

軍事力増強を主張する人は、軍事力がなければ国は支えられないのが現実の世界だという。いかにも現実論者の風をしている。しかし、もしそれが正しいなら、世界にはなぜ軍事的に弱い国が多数存在しているのだろうか。もし、軍事力がなければ外国に攻められ、占領されてしまうというのなら、弱国はとっくに消えている筈だ。世界は常に強国による弱国の併呑が繰り返され、最終的に最後の最後一国が残るまで、つまり、紀元前の中国に例えれば、秦の始皇帝が最終的に全国を統一するまでそれが続くだろう。

だが、現在は戦国時代ではないし、大国が常に小国の併呑をうかがっているわけではない。それは、ただ道徳観念の平等主義によって併呑したい気持ちを抑えているからではなく、小国を併呑したところで、大国の人々がより幸福になるわけでないことがわかっているからである。かつての植民地時代の宗主国の人々も、今再び植民地支配を回復しようとは、仮にそれが軍事的に可能だとしても、願ってはいないだろう。植民地支配はむしろ面倒なことが多いし、宗主国内部の民主的繁栄と安定にとっても、却って障害になるだろう。

軍事力増強より、戦争の危険を取り除くことに力を入れるべきである。戦争の最大の原因が資源争いであり、資源争いは経済拡大主義、物欲至上主義から来る。経済拡大主義、物欲至上主義は、戦争の原因になるだけでなく、決して満たされない物欲をますます増大させ、人間の精神を貧しくする。

平和ボケ、危機意識の不足といった言葉に踊らされてはいけない。平和ボケでいられる日本、これこそ世界に誇る日本であり、世界の模範になり得る日本なのである。
2013年1月11日

  1. 2013/01/11(金) 15:17:46|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<交通事故死者の命は軽い? | ホーム | 藻からバイオ燃料―うまい話?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/136-f0fad400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。