縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再稼働:野田首相が責任とれる決断は「再稼働不許可」しかない

大飯原発の再稼働にやっきとなている野田首相は、「再稼働を決める政治判断の責任者は私だ」と述べた(日本経済新聞6月4日WEB版)。これは、再稼働で事故があった時に首相自身が責任を負うということである。

しかし、どうやって責任を取るかについての具体的な発言はないようである。言うまでもなく、もし事故が起ったら、誰にも責任をとる方法はない。責任を取るとは、それで物事が収まることでなければならない。仮に野田首相が切腹しても、失ったものは永久に戻らないから、責任を取ったことにはならず、むしろ、切腹は自分自身が修羅場から逃げる責任逃れに過ぎない。切腹でなく、総理を辞任しようが、総理の全財産を投げ打とうが、同じことである。

したがって、本当に首相が責任を取ることが可能な判断はただ一つ、「再稼働不許可」しかあり得ない。再稼働の不許可によって、仮に電力不足の問題が生じたとしても、それに対応する政策は十分可能だから、責任が取れる。電力会社や経済界から責任を追及されても、日本の現在と将来のためにより大きな責任を取った、と反論することができる。むしろ、行き詰まりが見えている電力浪費社会、資源浪費社会から、持続可能な将来の社会に向かって政策転換すれば、首相として歴史上最も偉大な功績となり、それこそ現在と将来の日本人に対して、政治家としての最も大切な責任を全うすることになる。

首相の最終判断の時期が迫っているという。「責任を取る」とはどういうことか、野田首相が本当に理解しているのなら、必ず「再稼働は認めない」という結論にならなければならない。

だが、そんな結論を期待するのは、恐らく首相の買い被りだろう。首相にはそんな政治的理念も、責任感も、論理的思考能力も、全くあるようには思えないからである。「私が責任を取る」などと言って、責任を取ることが不可能な再稼働の決断をする可能性が極めて高いが、それは政治家として無責任の極みといえる。首相がこんな無責任を平気で言える、それが今の日本の政治の状態なのだ。
2012年6月8日


  1. 2012/06/08(金) 15:09:39|
  2. 政治・社会・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<土地の利用効率が悪いメガソーラ | ホーム | 生活保護よりベーシックインカム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/117-8eee651a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。