縮小の時代

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

技術社会の「いけにえ」

昔は「いけにえ」が珍しくなかった。「人柱」や「人身御供」もいけにえと同じで、多数の利益のために少数の人間を無理やり犠牲にすることである。多数の利益とは、多くは宗教的なものだったが、不作や災害への不安という精神的な負担を取り除くという意味で、当時の人達にとっては利益の一種である。人間のいけにえは、大昔には普通のことであり、近代になるまで完全にはなくならなかったかも知れないが、それでも公に禁じられたのは、かなり昔のことである。「基本的人権」の思想がない時代でも、いかに多くの人の利益のためとは言え、人間の命を犠牲にすることは許されなかったのである。

ところが、現代社会でも「人間のいけにえ」と同じことが日常的に行われている。原発事故、自動車事故、環境汚染などによる被害者は「いけにえ」と大して違う所がない。

このブログでも何度か触れたが、技術には必ず事故が伴う。多少の危険はあっても技術が利用されるのは、その技術がもたらす便益と事故の危険確率とを比較して、便益の方が大きいと見なすからである。

しかし、そのようなリスク論が通用するのは、便益を受ける当事者と危険を受ける当事者が同一の場合に限る。その場合は、実施するかどうかは受益者が自ら判断すればよく、たとえ失敗しても被害は本人だけで他人にまでは及ばず、本人が諦めれば済む。飛行機、船、鉄道、手術、登山や冒険など、普通はこの種の技術や行為が多い。(もちろん、危険性に関する情報が利用者に正しく伝えられていることが前提である。)

ところが、原発や自動車の事故および環境汚染は、なんら便益を受けない第三者が大きな被害を被る。直接利益を受けない第三者が被害だけ受けることが見逃されているのは、たとえ被害者が直接の便益を受けていなかったとしても、それらの技術による社会全体としての利益のために、多少の犠牲者が出るのはやむを得ないという理屈が立てられる。自動車事故の犠牲になった時はたまたま歩行中でも、自動車社会の一員としての利益や、自分や自分の家族も時には自動車を使うという利益もあるから、間接的には自動車の受益者であって、完全に第三者とは言えない、といった理屈も出て来そうである。原発も、自分が使っている電気の一部は原発によるから、利益を全く受けない第三者ではない、とされるのだろう。

しかし、これらは犠牲にされた第三者をむりやり受益者に組み入れるための詭弁に過ぎない。これらの「みなし受益」には、自ら進んで受けた便益ではなく、余儀なくされた場合も多いからである。原発に反対でも、電力会社から配電される電気を自分で分けることはできない。公共交通が不便にされ、自転車も歩行も危険な道路では、嫌でも車に頼らざるを得ない。環境汚染もしかりである。本心ではもっとつつましい生活、自然に近い生活を望んでも、世の中の仕組みがそうさせてくれない。

危険を覚悟して自分で選択した結果による犠牲ではなく、突然ふりかかった事故によって犠牲になることは、「いけにえ」にされたことと変りない。飛行機の墜落で地上にいる第三者が犠牲になることもあり得るが、今月も必ず誰かが犠牲になると予見できるほどではない。それに対して自動車は、日本だけでも今日必ず何十人かが命を奪われ、その何十倍もの人が負傷することが疑いなく予見される。世界では今日も何千人が必ず自動車事故の犠牲になるだろう。このように、毎日これだけの犠牲者が出ることがわかっている自動車事故の犠牲になる第三者は、予定された犠牲者である。これが「いけにえ」でなくて何であろう。

事故の犠牲者は何にささげられた「いけにえ」だろうか。それは技術への信仰であり、便利さへの信仰であり、経済(貨幣)への信仰である。モノも金も多ければ多いほど人間に幸福をもたらすものだ、或いは、最大限の技術の活用が社会の進歩であるという信仰である。しかし、それが本当かどうかは全く疑わしい。むしろ現在はもはやその反対かも知れないという意味で、これらはますます単なる信仰に過ぎなくなっている。しかも、宗教が上流社会のための宗教に堕落した歴史と同じように、これらの信仰は本当に大衆の信仰というよりは、今日ではますます数少ない金持ちのための信仰になっている。ますます、古代の「いけにえ」と変わらなくなった。
2012年5月13日


  1. 2012/05/13(日) 14:13:50|
  2. 科学と技術
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<「スカイツリー」このイヤな名称 | ホーム | 大学の道を忘れた現在の大学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://shitou23.blog.fc2.com/tb.php/111-a26987c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【技術社会の「いけにえ」】

昔は「いけにえ」が珍しくなかった。「人柱」や「人身御供」もいけにえと同じで、多数の利益のために少数の人間を無理やり犠牲にすることである。多数の利益とは、多くは宗教的なも...
  1. 2012/05/13(日) 15:20:22 |
  2. まとめwoネタ速neo

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。