FC2ブログ

縮小の時代

戦後最悪の戦争法案 ここまで落ちた日本の政治

民衆の反対運動が近年になく盛り上がったにもかかわらず、安全保障関連法案がついに強行採決された。

法案の内容を簡単にまとめると、
侵略からの防御でなくても武力行使ができる:今までの自衛隊法にあった「直接侵略、間接侵略からの防衛」が削除された。
必要と判断すれば武器の使用が可能であり、必要かどうかの判断は国会の事後承認でよい
つまり、軍隊が勝手に武力行使することができる。いったん武力行使すれば、たとえ事後承認で否定されても遅い。
米軍のため武力行使:米軍(日米安保条約の目的米軍以外も)の人や武器を守るための武力行使と条文に書かれている。
・上官命令には絶対服従:いかに無謀な武力行使でも、反抗や不服従は処罰される。

まことにひどい内容だ。実態は憲法が禁止している武力行使を可能にするための法案だから、危険極まりない。どちらかと言えば自民党寄りの憲法学者でさえ憲法違反だと言っているのは当然である。最も法を守らなければならない政府が先に立って法を破った。

武力で安全保障はできない。安全保障のための武力行使は論理の矛盾で、却って戦争の危険を増す。武力があるからこそ、相手に武力攻撃の口実を与える。現代では、武力を使わないとハッキリ宣言している国に突然武力攻撃して来ることは、たとえ中国や北朝鮮でもあり得ない。もし、「武力がなければ他国に攻められる」のが真理だとしたら、世界は最強国一国だけの支配になり、弱小固化は存在できない。しかし、現在はほとんど武力のない多数の国家が平和に暮らしている。

こちらが武力行使をちらつかせることは、相手に攻撃の口実を与えるだけだ。護身のためという名目で誰でも銃を持てるアメリカは先進国では最も危険な国になっている。どんな場合でも平和を第一に掲げ、武力とは縁の遠い国になることが、結局は世界中の尊敬と信頼を集め、外国との摩擦をなくし、確実な安全保障になる。テレビドラマでもよくあるだろう。相手が武器で襲いかかって来そうな時に、こちらが丸腰になって見せることで、相手の暴力を防ぎ、何か信頼感が生まれる。

外国からの脅威を誇張するのも、軍国主義の常套手段である。尖閣諸島に中国が武力を背景に強硬進出しているからといって、日本が武力で対抗してどうなるのか。こちらの武力を以て相手の武力行使を止めさせるのは不可能で、こちらまで武力をちらつかせれば、相手はますます武力による威嚇を強める。仮に武力衝突が起ったら、勝敗に関係なく、小さな無人島のために人命や本土にも必ず大きな被害が及ぶ。相手に武力を引っ込めさせるには、自らの武力を完全に否定することが最も効果的だろう。それでも相手が武力に頼ろうとすれば、相手国は世界の信頼を失い、それが経済的な立場も苦しくし、結局は相手国の政権の安定性を損なうことになる。

米軍を護るための武力行使と条文に書いてあるのにも、あきれてものが言えない。全くの植民地、米国の属国となり果てた。戦後70年の仕上げは、平和主義を完全に捨て、米国の属国であることを明文化することだった。しかも、日本に対する直接間接の侵略行為でなくても、米軍の軍事行動に強力することができるのである。世界のどこに、こんな法律を持った独立国があるのだろうか。世界の笑いものである。一国の国民として、これほど恥ずかしいことはない。武力を支持する自称愛国者達は、これをどう捉えているのだろうか。

安倍政権になって、次から次への悪政が出て来る。安倍自民党によるほとんどすべての法律が、平和、公平、人権、平等といった理念から遠ざかるものばかりで、日本の国が今後ますます混乱に陥るのは必至である。

将来の歴史書には、現在の安倍政権は戦後最悪の政権と書かれるだろう。こんな人物が無投票でまた党首に再選された。腐っているのは自民党である。腐った自民党を第一党にした選挙民の民度の低さである。

野党もまた似たようなものだ。ここへ来て民主党が法案反対の運動に力を入れているが、それは本当に平和や正義や公平や自由のためではなく、ただ政権に対する反対、あわよくば政権を取りたいがための方便のようにしか見えない。そうでなければ、数年前、政権の座にあった時に、自民党と同じ穴のムジナでなく、もっと良い政策をしていた筈だ。原発事故の際に、直ちに健康に影響はない、などというごまかしを繰り返したりしなかったはずだ。

不思議なことに、世の中が乱れて末期症状が現れるころには、天変地異がよく起る。今年になってからも洪水、火山の噴火、地震と次々と天災が襲っている。異常な犯罪や職業倫理に欠けた不祥事も増えているようだ。生活は苦しく、雇用は切り捨て御免の不安定で、将来への希望が薄れ、国民はますます無責任になっている。今の日本は、戦争ごっこやオリンピックや万博や都構想などに気を取られている時ではなく、政治家にはもっと重要な課題が山積みしているのである。

悪法は成立しても反対し続けるしかない。安倍政権も長続きしないだろうから、政権が変ったらもう一度平和憲法遵守に戻すことだ。野党にはそうして欲しいし、選挙民にはそういう候補者に投票して欲しいものだ。■
2015年9月19日
スポンサーサイト



  1. 2015/09/19(土) 12:24:40|
  2. 政治・社会・経済
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

石田靖彦

Author:石田靖彦

フリーエリア

最新記事

----------

過去の記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)
環境 (20)
エネルギー (29)
原発 (45)
伝統文化 (0)
科学と技術 (21)
政治 (12)
政治・社会・経済 (48)
文化 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR